Home > クリーンエネルギー自動車AtoZ > ガソリン車から乗り換えて変わること

ガソリン車から乗り換えて変わることガソリン車から乗り換えて変わることクリーンエネルギー自動車へ乗り換えることのメリットをご紹介します。国や地方自治体も購入の後押しをしています。

コスト

車両性能が大幅に向上させつつ車両価格は維持、
ランニングコストも安価に。

車両性能を大幅に向上させつつ車両価格は維持

自動車メーカーの努力により、一充電走行距離の性能を3倍近くに伸ばしながら、発売当初に近い価格を維持しています。

日産リーフ:車両価格と一充電走行距離の変遷

  日産リーフ車両価格 一充電走行距離
2010年 約359~422万円 200km
2015年 約289~420万円 280km
2017年 約292~370万円 400km
2019年 約385~438万円 570km

illust

illust

ランニングコスト

EVのコスト

電気料金はガソリン・軽油よりも安いので、コストを抑えられます。一般的な電気契約で、ガソリン車と比較して年間約4万円も安いという試算も。

100km走行した場合

ガソリン車

ランニングコスト

8001

E V

ランニングコスト

3102

※1 2019年4月15日時点の経済産業省資源エネルギー庁の
「石油製品価格調査の結果」を元にNeVにて試算

※2 2019年5月時点の東京電力スタンダードプランを元にNeVにて試算

PHVのコスト

バッテリーに充電した電気でEV走行もでき、ガソリン消費量が減少。電気料金はガソリンよりも安価のため、燃料コストを安く抑えられます。

CDVのコスト

燃料となる軽油はガソリンに比べて安く、かつ燃費面においても同等性能のガソリン車より優れているため、燃料コストを安く抑えられます。

性能(静かさ、加速、環境)

EVは、静かな走り、加速力が大きな魅力。
地球にも優しい。

静寂性静寂性騒音も少なく静かな走行

発進時、急な加速時などでも、ガソリン車とは比べものにならないほど静かです。ガソリン車のようなエンジン始動時の大きな音や、アイドリング中のエンジン音や振動もありません。車内での前後の会話も聞き取りやすく、同乗者全員で会話がはずみます。早朝や夜遅くに住宅街を走る時でも、周囲への騒音を心配する必要はありません。

発車時の車室内の音レベル

発車時の車室内の音レベル

加速性加速性ワープするような、新感覚の発進力

モーターで走るEVは、発進時から最大トルク(クルマのタイヤを回すための瞬間的な力)を発生。アクセルを踏んだ瞬間、ワープするように一気にグッと加速します。高速道路での合流も、滑らかな加速でストレスなくスムーズにできます。

発射時の車室内の音レベル

発射時の車室内の音レベル

環境性環境性CO2排出量激減で、
温暖化問題にも貢献

EVの燃料は電気なので、CO2排出は少なく、地球温暖化対策への貢献度はガソリン車より大きいといえます。また、排気ガスを出さないので、排気ガスの苦手な方やアレルギーが心配の方も安心してお乗りいただけます。

CO2排出量(Well to Wheel)

CO2排出量(Well to Wheel)

EVの新たな利用シーン(V2H、アウトドア利用など)

EVは、「走り」以外でもクルマのバッテリーに蓄えた電気を活用できる。

V2H(ビークル・トゥ・ホーム)

クルマのバッテリーに蓄えた電気を
家庭用電源として活用

V2H(ビークル・トゥ・ホーム)

V2H(ビークル・トゥ・ホーム)

illust

EVのバッテリーに蓄えた電気を、専用のEVパワーステーション(蓄電器)を経由して、家庭側に供給できます。停電時などの非常用電源として活用できます。

illust

アウトドア利用など

外出先の電源として
さまざまなシーンで利用可能

アウトドア利用など

アウトドア利用など

illust

EVのバッテリーに蓄えた電気を外出先でも活用できる機能を装備した車種も。例えば、キャンプ場でサイトを明るく照らす電源として、また海やプールで濡れた髪を乾かすドライヤーの電源として。さらに、夜間工事における電源など、ビジネスシーンでも活躍します。

illust

pagetop

ページトップへ

close