次世代自動車について知る
急速充電設備

イラスト

わずか30~45分程度で80%充電。
全国に普及

道の駅やコンビニ、高速道路のサービスエリア等、
短時間で充電する必要がある場所への設置を想定した充電器。
現在約7,300スポットと、急速に拡大しています。

移動途中に短時間で充電。
安全設計で操作も簡単。

急速充電器

急速充電器は、一般的に電源は3相200Vを使用します。道の駅やコンビニ、高速道路のサービスエリア等、短時間で充電する必要がある場所への設置を想定した充電器で、30分~45分で80%程度まで充電できます。
緊急時対応として、電欠に対するEVユーザーの不安感解消の役割も果たしています。また、安全設計で操作も簡単。セルフで充電できます。さらに、充電時間を短縮する超急速充電器の開発も進められています。

日本中に張り巡らされた急速充電ネットワーク

急速充電ネットワーク急速充電スポット情報はこちら

国の補助金支給の後押しもあり、全国の充電スポット数が急速に拡大。急速充電スポットは、約7,300カ所以上にのぼります。道の駅や高速道路のSA・PAといった施設などに設置されており、ストレスなく移動ができます。

このマークがある場所に急速充電設備があります。

急速充電器を設置している主な施設

急速充電器を設置している主な施設

急速充電設備の特徴