次世代自動車について知る
V2H (Vehicle to Home)

イラスト

EVと家庭をつなぐ給電システム-V2H-

V2Hは”Vehicle to Home”の略称で、EV(Electric Vehicle)等に搭載された
電池から家庭(Home)に電力を供給できる機能です。
EVの電池を非常用電源として使用したり、
EVに貯めた電気をうまく利用して電気代を節約することもできます。

クルマのバッテリーに蓄えた電気を
非常用電源として活用

V2H機能付き充電器

「V2H機能付き充電器」を経由して、EVのバッテリーに蓄えた電気を家庭側に供給できます。※1
これにより、たとえ停電が発生したとしても、EVに貯めた電気を非常用電源として利用できるので安心です。

※1 V2H対応のEVまたはPHV・PHEVで、V2H機能が利用できます。

電力供給をコントロールすれば
家計の負担もグッと抑制できる

電力供給

※次世代自動車振興センター調べ

電気料金の安い夜間にEVに充電し、それを昼間に使うことで電気代を節約することができます。※2
また、電気使用のピーク時にEVから電気を供給すれば、電力会社の電力需要のピークシフトに貢献します。(V2Hと同様の機能を持つ「蓄電池内蔵型充電器」も市販されています)

※2 夜間の電気料金が安い電力契約を行う必要があります。

V2Hの特徴