補助金情報
「令和2年度第3次補正」と「令和3年度」のCEV補助金について


今年度のCEV補助金は、「令和2年度第3次補正」(経産省補助と環境省補助の2つの補助から成る)と、これまでと同様の「令和3年度」の複数の補助事業が同時に行われます。
車両等の種類によっては、申請前に整えていただく要件によって申請できる補助事業が異なり、また
補助額も異なりますので、予め申請する補助事業をご検討いただくようお願いいたします。

複数のCEV補助事業に重複して申請はできません。

r2hoseicev   r3cev

(事業の詳細は上記補助事業ごとのページでご覧頂けます。該当のボタンをクリックしてください)


まず、「個人の方」と「法人等の方」別に、こちらのページをご覧になり、検討をお願いします。


Ⓐ「個人」の方

❶申請の基本条件のご確認

○車両は「令和2年度第3次補正」の経産省補助、環境省補助、または「令和3年度」のいずれかに申請が可能です。
○V2H充放電設備及び外部給電器は、「令和2年度第3次補正」の経産省補助、環境省補助とも申請可能ですが、「令和3年度」への申請はできません。

基本条件A

※1:車両に100V/1500W車載コンセントが装備されている車種に限り、「車両のみの単独申請」ができます。
※2:車両に「外部給電器等への給電機能」が無い場合は、申請はできません。
  詳しくは令和2年度第3次補正CEV補助金のページでご確認ください。

(注)「個人事業主」も「個人」としての申請となります。


❷車両等の申請可能な補助事業のご確認

「❶申請の基本条件」を満足できることを前提に、申請が可能な車両種類・機器は以下の通りです。

r2hoseicev   r3cev

(事業の詳細は上記補助事業ごとのページでご覧頂けます。該当のボタンをクリックしてください)


Ⓑ「法人等」の方

❶申請の基本条件のご確認

○車両、V2H充放電設備及び外部給電器とも、「令和2年度第3次補正」では、環境省補助への申請のみが可能で、経産省補助には申請できません。
○また、車両、V2H充放電設備及び外部給電器とも、「令和3年度」も申請可能です。

基本条件B

※1:車両に「外部給電器等への給電機能」が無い場合は、申請はできません。
  詳しくは令和2年度第3次補正CEV補助金のページでご確認ください。


(ご参考)
☞ 「法人等」の方は、V2H充放電設備、外部給電器については、「令和2年度第3次補正」でも「令和3年度」でも申請が可能で、補助額も令和2年度第3次補正、令和3年度とも同じです。
☞ ただ、「令和2年度第3次補正」と「令和3年度」では申請要件等が異なりますのでご注意ください。
「令和2年度第3次補正」では「再エネ100%電力調達」し「車両とセット申請」が必要です。また、V2H充放電設備の設置場所は、車両の「使用の本拠」との「場所の一致」等が必要となります。
一方、令和3年度では、V2H充放電設備、外部給電器の単独の申請が可能で、「場所の一致」等の要件も不要です。

☞ したがって、法人の方でV2H充放電設備、外部給電器の補助金申請を検討する場合は「令和3年度CEV補助金」への申請をお薦めします。


❷車両等の申請可能な補助事業のご確認

「❶申請の基本条件」を満足できることを前提に、申請が可能な車両種類・機器は以下の通りです。

r2hoseicev   r3cev

(事業の詳細は上記補助事業ごとのページでご覧頂けます。該当のボタンをクリックしてください)