補助金情報
令和3年度 CEV補助金(V2H充放電設備)のご案内


  • 補助の概要
  • 応募要領
  • 申請書作成
  • 資料例・記入例等


◆V2H充放電設備補助の概要

補助金の目的

クリーンエネルギー自動車の駆動用蓄電池又は燃料電池を活用し、エネルギー供給源を分散化することで、災害による大規模停電のリスクを最小化し、災害対応力を向上させることを目的としています。

V2H充放電設備とは

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)への充電、並びにEV・PHVから施設へ放電(給電)ができる装置です。放電(給電)機能は災害等V2H充放電設備による停電時のレジリエンス(災害対応力)を向上します。

停電時の電気の流れ

【特に注意して頂くこと】
◆ 本補助事業は、災害時のレジリエンス(回復力、復元力)向上を目的としています。
V2H充放電設備設置情報の国・地方公共団体への提供、国・地方公共団体からの協力要請があれば可能な限り協力頂くことが条件となります。

◆ 申請者(リースの場合は使用者(契約者))は、「地方公共団体・法人・その他団体等」かつ、V2H充放電設備の「設置場所」並びに「給電対象施設」を所有又は使用権を有する必要があります。
◆ 「その他団体等」とは、町内会(認可地縁団体)、法人格をもたないマンション管理組合、マンション等のオーナーを指します。(個人は申請できません) ◆ 申請者は、個人(マンション等のオーナーは除く)は対象外です。設置場所は、事務所・店舗等の施設への設置が対象で、個人宅は対象外です。リース会社がリースするV2H充放電設備の場合も、リース契約者及び設置場所の要件は同様です。 ◆ 補助金交付申請の受付期間は2021年10月29日までです。

◆V2H充放電設備の補助金申請から交付まで

①補助金交付申請の募集(センター)
▶最終期限の10月29日までに、不備不足のない申請をする必要があります。また、予算不足の恐れが発生した場合は受付期間を短縮する場合があります。

②補助金交付申請(申請者) ※V2H充放電設備の発注前・工事の施工開始前に申請が必要です。
▶申請者は、地方公共団体・その他法人(リース会社含む)等が対象で、個人(マンション等のオーナーは除く)は対象外です。
設置場所は、事務所・店舗等の施設への設置が対象で、個人宅は対象外です。施設が個人宅を兼用している場合は、施設と個人宅の電力契約が別であることが必要です。リース会社がリースするV2H充放電設備の場合も、リース契約者及び設置場所の要件は同様です。

③交付申請受付・審査(センター)
④補助金交付決定通知書発行(センター)
▶交付決定は、不備がない申請を受付してからおおむね1~2か月程度で行います。
但し、申請が集中した場合はさらにかかることもあります。

⑤V2H充放電設備の発注および設備工事開始(申請者)
▶V2H充放電設備の発注および設備工事の開始は、補助金交付決定通知書発行日以降であることが必要です。
⑥V2H充放電設備の設置工事完了・支払完了(申請者)
⑦実績報告の提出(申請者)
▶設備工事完了および全ての費用の支払いを完了し、実績報告を2022年1月31日までにセンターに提出する必要があります。
実績報告が期限間際に集中することを避けるため、2022年1月31日の期限間際ではなく、(工事もしくは支払い)完了の日から30日以内を目途に実績報告をしていただくようお願いします。

⑧受付・審査・補助金額の確定(センター)
⑨補助金額の確定通知書発行(センター)
⑩補助金交付(振込み)(センター)
⑪V2H充放電設備(財産)の5年間の保有・運用(申請者)

◆補助対象V2H充放電設備一覧

現在の補助対象V2H充放電設備は以下「補助対象一覧(PDF)」のとおりです。
仕様の詳細は各メーカーサイト等にてご確認ください。
●補助対象一覧(補助金交付額)はこちら PDFPDF

参考資料

・関連企業の連絡先


応募要領等の更新履歴:pdf

応募要領

下記応募要領をよく確認の上、申請してください。

1 事業の概要 pdf
2 申請の前提条件と要件
3 補助金申請から交付までのプロセスと基本的事項
4 補助対象事業、補助対象経費
5 交付申請の提出 pdf
6 実績報告の提出 pdf
7 取下げ・計画変更等 pdf
8 財産処分の手続
9 補助事業の経理の書類保管および処理等
補助金交付規程 pdf
業務実施細則 pdf
応募要領全ページのダウンロードはこちら pdf

◆応募要領(冊子)の送付

応募要領(冊子)をご希望の方は以下のフォームにてお申込みください。
※応募要領の発送は7月中旬から順次送付します。

応募要領 依頼書 【XLSファイル】


申請書の作成(オンライン申請システム)

V2H充放電設備の補助金申請等はすべてオンラインにより処理を行います。
下記の申請書作成ボタンより申請書等の作成を行ってください。

申請の流れ概要 pdf
申請書等作成 利用規約

オンライン申請システムの操作については「操作ガイド」を参照してください。

操作ガイド

オンライン申請システム 稼働時間 8:00~22:00

上記利用時間内であっても、システムのメンテナンス等により、システムの運用停止、休止、中断等を行うことがありますので、ご了承ください。

システム推奨環境

本システムの利用には、次のような環境を推奨しています。推奨環境とは、次世代自動車振興センターにおいて動作を確認した環境です。

種別 推奨
OS Microsoft Windows10
WEBブラウザ Microsoft Internet Explorer11
Google Chrome
PDF閲覧 Adobe Acrobat Reader DC
画面解像度 1024×768以上

書類の記入例更新履歴:pdf

交付申請時に添付する書類等

名   称 例等
1 本人確認書類 注意点 pdf
2 見積書 注意点 pdf
3 設置場所名称について 注意点 pdf
4 (施工前) 要部写真 注意点 pdf
5 設置場所見取図 記入例 pdf
6 平面図 記入例 pdf
7 配線ルート図 記入例 pdf
8 電気系統図 記入例 pdf
9 申請者が設置場所・給電対象施設の所有者でない場合 注意点 pdf
10 資本関係がある場合 注意点 pdf
11 マンション等であることを証する書類 注意点 pdf
12 地方公共団体が入札前に申請する場合 注意点 pdf
13 地方公共団体から委託された指定管理者が申請する場合 注意点 pdf
14 屋根および小屋について 要件 pdf